スマートOCR オンラインマニュアル

スマートOCR オンラインマニュアル

メニュー
メニューを閉じる

マスター機能

マスター機能: データ抽出「キー/ バリューデータ」連携

4-23.データ抽出「キー/ バリューデータ」連携をする

4-23-1「データ抽出」画面、「抽出条件編集」ボタンを押し「手入力項目名」を追加します。

手入力項目を追加する

手入力項目追加ボタン

4-23-2項目名を記入します。 (例)会社コード

手入力項目の項目名を入力する

手入力項目名

4-23-3マスター項目をリンクさせるアイコンを押し、マスター項目をリンクさせます。

マスターを選択後、「検索キー選択」を追加

4-23-4マスターを選択後、「検索キー選択」を追加します。

マスターを選択後、「検索キー選択」を追加

4-23-5次に下図①赤枠部分の「マスター項目」「抽出項目」をペアで設定します。ここでの「マスター項目」はマスター内のキーとして使用する項目です。「抽出項目」はOCRのデータ抽出設定の項目を指します。

(例)請求書に記載されている会社名(「請求元」項目に抽出)によって会社コードを自動表示させたいので、マスター項目は「会社名」、抽出項目は「請求元」を選択します。

下図②赤枠部分では自動表示させたい項目を選択します。(マスター内の項目から選びます。)

(例)請求書に記載されている請求元会社名によって会社コードを自動表示させたいので、「会社コード」を項目選択します。

「マスター項目」「抽出項目」をペアで設定

4-23-6マスターと連携されたことを確認し、「確定」ボタンを押します。

マスター連携後にアイコンの色が変化します

マスターと連携していることを確認し、確定ボタンを押す

マスター項目の参照先となる抽出項目

マスタと紐づけられた参照先の抽出項目にはマスター参照項目アイコンが表示されます。

4-24.「手入力項目:マスター項目」をプルダウンで選択する

マスターと連携するもう一つの使い方として、手入力項目の選択肢をマスターから表示させる方法があります。プルダウンの選択肢は手動で選ぶことになりますが、テキストボックス入力に比べ、限られた選択肢の中から選ぶことで出力データの表記ゆらぎをなくすメリットがあります。

手入力項目

4-24-1マスタ連携アイコンアイコンを押し、マスター項目をリンクさせます。

マスター項目をリンク

4-24-2「マスター選択」を選び、「検索キー選択」を行わず、「項目選択」をします。

「マスター選択」を選び、「検索キー選択」を行わず、「項目選択」

4-24-3マスターと連携されたことを確認し、「確定」ボタンを押します。

マスターと連携されたか確認

マスターと連携されたことを確認し、「確定」ボタンを押す

【データ抽出「キー/ バリューデータ」連携】比較

キーバリューデータ連携比較
次は マスター機能: データ抽出「表データ」連携について説明します