スマートOCR オンラインマニュアル

スマートOCR オンラインマニュアル

メニュー
メニューを閉じる

データ抽出

「確定データ一覧」の検索機能

「確定データ一覧」画面では、テンプレート毎、作成日等の検索機能を使用し、効率の良いCSVダウンロードが可能です。

確定データ一覧

3-5.検索機能で検索できること

3-5-1下記項目から表示したいデータ(抽出データ保存済)を検索することができます。
・テンプレート
・ファイル名
・ダウンロード済/ 未
・作成日
・テンプレート内の各種抽出項目(データの列項目)

確定データ一覧の検索

3-5-2テンプレートの選択

検索時にはテンプレート指定が必須となります。ドロップダウンリストからテンプレートを選択します。

テンプレート選択

複数のテンプレートをグループ化して、グループを選択することも可能です。グループのアイコンアイコンが表示されているリスト項目がグループ項目です。グループを作成することで、個々のテンプレート選択しなくとも同様の帳票をまとめて表示・データ出力することが可能になり、効率的に作業することができます。

テンプレートのグループ

テンプレートグループの編集をする場合は、「グループの設定」を押します。

グループの設定

グループの設定画面がポップアップで表示されます。黒字はテンプレート名、青字はテンプレートグループ名を表します。

テンプレートグループ設定

テンプレートグループ名の左のグループのアイコンアイコンを押すと展開表示されてグループに属するテンプレートが表示できます。

グループ追加」ボタンを押すと、グループの新規作成ができます。

テンプレートグループ設定画面

テンプレートをグループ配下に入れ込むには、マウスドラッグで編集します。

尚、個々のテンプレートが属することができるのは一つのグループのみです。同じテンプレートが重複してグループに属することはできません。

マウスドラッグでグループ編集

3-5-3ファイル名で検索

ファイル名から部分一致でキーワード検索ができます。

ファイル名で検索

3-5-4キーワードで検索

抽出データ中のキーワードを部分一致で検索することができます。

抽出データ中のキーワードで検索

3-5-5ダウンロード済みステータスで検索

CSVデータのダウンロード済みのステータスで検索することができます。

ダウンロード済みステータスで検索

3-5-6作成日で検索

確定データの作成日(確定処理を行った日付)で検索することができます。カレンダーから入力します。単独または範囲指定での入力が可能です。

作成日で検索

3-5-7テンプレート内の抽出項目で検索

テンプレート内の抽出項目を検索条件にすることができます。項目のバリュー設定における「タイプ」によって検索の形式が異なります。

項目検索

」ボタンを押すと追加したい検索項目を選択することができます。

検索条件追加

ポップアップで下図のような条件設定画面が表示されます。(テンプレートの項目に表示は準じます。)

最大で3つまで追加することができます。

抽出項目で検索

3-5-8ソート順

検索結果の表示順を日付の新しい順、古い順で並び替えが可能です。

ソート順

3-6.抽出したテンプレートデータの詳細をみる

一つでもチェックを入れると、「CSVダウンロード」等の各種ボタンが有効になり、「確定取消/削除」ボタンも表示されます。

確定データの検索結果

ヘッダー行の一括チェックボックスにチェックを入れると、まとめてチェックすることができます。

編集ボタンアイコンを押すと編集画面へ遷移し、帳票を確認することが可能です。ただし、既に確定済みとなるため編集はできません。改めて編集したい場合には確定データ一覧の画面へ戻り、確定取消を行う必要があります。

確定データ一覧検索結果

戻るボタンボタンを押すと、編集画面から確定データ一覧の画面へ戻ることができます。

帳票を確認する

「表データ」表示をすることで、抽出したテンプレートデータの詳細も確認することができます。

表データの表示

3-7.CSVの一括ダウンロードをする

一括ダウンロードをする場合は、「CSV ダウンロード」ボタンを押します。「キー・バリューデータ」「表データ」各々のCSV が同時にダウンロードされます。

<CSV出力での機能> ・出力項目の選択、順番 ・出力文字コードの選択

一括ダウンロードをする

3-8.「確定データ一覧」画面表示を利用するメリット

「確定データ一覧」のメリット テンプレートごとにCSV出力 続いて「STEP 4 抽出条件設定」についてご説明します。