スマートOCR オンラインマニュアル

スマートOCR オンラインマニュアル

メニュー
メニューを閉じる

OCR変換

 

アップロード

OCR処理オプション

OCR変換前に書類ごとに適した詳細な設定を行うことができます。
※ログイン中は、「OCR 処理オプション」の前回設定された状態が維持されます。ご注意ください。
例)ログイン中:「大きい文字向け」設定→OCR変換→別帳票選択→OCR変換
(再度「設定」をしない限り、2枚目の帳票は「大きい文字向け」設定のままになっています)

1-6.横線や縦線のない表に罫線を適用する

仮想罫線を適用する

帳票によっては、横線や縦線のない表があります。そのような帳票に適用すると効果的です。

罫線のない帳票

上部のチェックボックスから「仮想罫線」を選択します。

「仮想罫線」を選択

もしくはアップロードする際に選択とOCR 依頼を同時に依頼することも出来ます。「仮想罫線」にチェックを入れ、「OCR依頼」ボタンを押すとそのままOCR 依頼されます。

アップロード時に「仮想罫線」を選択

表データに効果的な仮想罫線

1-7.印鑑を除去したい

印鑑除去を適用する

請求書に押された印鑑等(カラー画像のみ) を認識、自動的に除去して文字認識を行います。

印鑑を除去する

上部のチェックボックスから「印鑑除去」を選択します。

「印鑑除去」を選択

もしくはアップロードする際に選択とOCR 依頼を同時に依頼することも出来ます。「印鑑除去」にチェックを入れ、「OCR依頼」ボタンを押すとそのままOCR 依頼されます。

アップロード時に「印鑑除去」を選択

1-8.画像の向きを自動で合わせる

画像の自動回転を適用する

「自動回転」チェック時は、OCR 対象画像の向き(上下左右)が合っていない場合でも、自動的に正しい向きに回転した上でOCR実行します。 上部のチェックボックスから「印鑑除去」を選択します。

画像の自動回転を適用する

もしくはアップロードする際に選択とOCR 依頼を同時に依頼することも出来ます。 「自動回転」にチェックを入れ、「OCR依頼」ボタンを押すとそのままOCR 依頼されます。

アップロード時に画像の自動回転を適用する

自動回転の処理イメージ

自動で画像が回転する

※オン設定でも自動回転(正しい向きの検出)に失敗する場合があります。あらかじめご理解の上、ご活用ください。

1-9.手書き文字を検出したい

手書き文字検出を適用する

帳票に手書き文字が含まれている場合に本機能を適用します。

上部のチェックボックスから「手書き文字」を選択します。

「手書き文字」を選択

もしくはアップロードする際に選択とOCR 依頼を同時に依頼することも出来ます。 「手書き文字」にチェックを入れ、「OCR依頼」ボタンを押すとそのままOCR 依頼されます。

アップロード時に「手書き文字」を選択

1-10.マークを検出したい

マーク検出を適用する

チェックボックスや、マークの塗りつぶし、丸で囲む選択肢などを検出する際に本機能を適用します。

テンプレートの抽出条件の設定において、「タイプ」へ「チェックボックス」が設定された項目がある場合は、該当テンプレートを適用させるファイルにおいてはチェックを入れてください。

上部のチェックボックスから「マーク検出」を選択します。

「マーク検出」を選択

もしくはアップロードする際に選択とOCR 依頼を同時に依頼することも出来ます。 「マーク検出」にチェックを入れ、「OCR依頼」ボタンを押すとそのままOCR 依頼されます。

アップロード時に「マーク検出」を選択

1-11.書類の文字サイズを設定する

文字列領域学習モード

「普通文字向け」 「大きい文字向け」 「小さい文字向け」 「その他(大きい文字と小さい文字が混ざっている状態)」 から文字サイズに合わせて選択します。

文字サイズを設定

もしくはアップロードする際に選択とOCR 依頼を同時に依頼することも出来ます。 同様に文字サイズを選択し、「アップロードと同時に、OCR依頼も行う」ボタンを押すとそのままOCR 依頼されます。

アップロード時に文字サイズを設定

1-12.非定型・定型を指定する

非定型・定型の指定

非定型帳票と定型帳票では、OCR時のデータ処理の技術的手法が異なるため、必ずどちらかを指定した上でOCR処理を実行します。デフォルト設定は非定型となっております。

同じ非定型(または同じ定型)のテンプレートであれば、OCR後に適用するテンプレートを変更する上で問題はございませんが、非定型から定型(または定型から非定型)へ適用テンプレートを変更する際には、OCR再依頼が必要になりますのでご注意ください。

。上部のラジオボタンから「非定型」または「定型」のいずれかを選択します。

非定型・定型の指定

もしくはアップロードする際に選択とOCR 依頼を同時に依頼することも出来ます。 同様に「定型」・「非定型」を選択し、「アップロードと同時に、OCR依頼も行う」ボタンを押すとそのままOCR 依頼されます。

アップロード時に非定型・定型の指定

1-13.タグをつける

タグ

アップロード時にタグ付けすることで、テンプレート自動振り分けの判定に利用したり、アップロード済みファイルの整理が効率化につながります。

アップロード時にタグをつける

タグ機能について詳しくはこちら。

1-14.OCR処理オプションについて注意点

※「OCR処理オプション」は、帳票の内容に応じて、できるだけ良好な OCR 結果となるよう標準以外のOCR 設定を可能とするものです。選択したオプションによりすべてのOCR結果が改善されるとは限りません。

※ 一度OCRを実行した後、他のオプションにて再度OCR を実行したい場合は、 同じファイルのアップロードから再度実施する必要があります。

続いて「複合機(コピー機) からPDFスキャンする場合の注意点」についてご説明します。