スマートOCR オンラインマニュアル

スマートOCR オンラインマニュアル

メニュー
メニューを閉じる

よくあるご質問: 操作方法

  • 読み取り結果を「確定」したら戻せないのでしょうか?

    「確定データ一覧」から、当該データを選択し「削除」→「確定の取り消し」で「未確認」のステータスまで戻すことができます。

  • 文字認識した結果の文字列枠(青枠)自体を修正することはできますか?

    文字認識した結果としての認識領域を示す青枠は直接編集することはできません。
    テンプレートの抽出条件の設定を修正したり、辞書を活用する等の方法で、文字列の認識を調整します。

    例えば、枠が結合してしまっているデータ抽出の際は、正規表現を用いることで抽出が可能です。

    また、枠が離れてしまっている文字列は、「辞書」から結合させたい文字列を登録することで、文字列の結合パターンを学習させていくことは可能です。

  • 表データの空白の行や小計行を読み取らないようにできますか?

    表データ抽出の「項目指定」にて、「行データの必須項目チェック」をオンにすることで、必須項目に設定した行に空白があった場合、抽出結果から除外することが可能です。

    例えば、商品コードを必須項目とした場合には、商品コードの列に値のない行はすべて除外されるようになります。

  • 手入力項目にてプルダウンリストの選択肢の表示順を並び替えることはできますか?

    プルダウンリストの選択肢はマスターデータと連動しており、マスター編集画面にて並び順の変更は可能です。
    マスター画面への表示順は、初期状態では、登録順(CSVインポートの場合はCSV内の並び順の通り)となります。
    登録済みデータに対しては簡易的な順序変更機能があり、上位に表示させたいもののみ「ソート」欄に数値を入力することで、数値の順に上位に優先表示させることができます

  • 同一ユーザーを複数人で使用することで、何か弊害はありますでしょうか?

    同じ画面で同時に編集するとデータの不整合が起こりえます。
    同一ユーザーでの同時編集は避けてください。

  • 複数の帳票を1つのファイルにしてOCRしましたが、1枚目の帳票しかテンプレートが適用されないときはどうしたらいいですか?

    画像のアップロード時に「ファイルの分け方」のオプションがありますので、そちらで「すべて別々のファイル」を選択いただくことでそれぞれの帳票にテンプレートが適用されます。