スマートOCR オンラインマニュアル

スマートOCR オンラインマニュアル

メニュー
メニューを閉じる

よくあるご質問: 環境

  • スマートOCRの提供形態を教えてください。

    以下の形態がございます。

    ■スマートOCRの標準機能がご利用可能な汎用システム
     
    クラウドサービス

    ■お客様専用の学習やカスタマイズが可能な専用システム
     
    オンプレミス
    オンプレミス貸出サブスクリプション
    プライベートクラウド
    専用クラウドサービス

  • オンプレミスとプライベートクラウドの違いを教えてください。

    オンプレミスは、個人情報のお取り扱いがあるなど、セキュリティが厳しいお客様に適しております。
    お客様にてご用意いただいた物理サーバにスマートOCRを導入いたします。
    プライベートクラウドはお客様がご契約されているクラウド環境(AWS)上にスマートOCRを導入致します。
    サーバーを複数使用することにより処理の高速化を図ることも可能です。

  • プライベートクラウドと専用クラウドサービスの違いを教えてください。

    プライベートクラウドはインフラ(クラウドサーバ)の運用管理をお客様にて行っていただきます。
    専用クラウドサービスは弊社にてインフラの運用管理を行います。

  • 専用クラウドサービスとクラウドサービスの違いを教えてください。

    専用クラウドサービスではお客様専用の学習やカスタマイズが可能です。
    クラウドサービスは弊社で汎用的に学習を行っている環境になります。

  • オンプレミス環境の場合、ハードの用意はどのようになりますか?

    お客様にご用意いただく形になります。
    弊社にてオンプレミス機器の貸出を行うことも可能です。

  • スマートOCRサーバのOSは何でしょうか?

    Linuxになります。

  • AWSでは動作しますか?

    動作します。

  • OCRエンジンのみの提供はしてもらえますか?

    可能です。

  • OCRの結果はどこに保存されますか?

    サーバーに結果を保存しており、webブラウザで閲覧する形になります。

  • 環境の構築方式について、どのレベルで会社間の環境がわけられていますか?(個社毎にAWSアカウントをわける等)

    専用クラウドでは会社ごとにAWS アカウント毎にわけられます。クラウドでは、データベースと画像保存領域は会社ごとにわけられますが、 APP サーバ、OCRエンジンは共有化されます。

  • ネットワークは専用線接続は可能ですか?(AWS Direct Connect等)

    専用クラウドでは可能です。

  • ストレージ(AWS S3等)のパブリックアクセスの一律禁止設定は可能ですか?

    専用クラウドでは可能です。

  • どのブラウザに対応していますか?

    スマートOCRではGoogle Cromeを動作保証しております。