スマートOCR オンラインマニュアル

スマートOCR オンラインマニュアル

メニュー
メニューを閉じる

よくあるご質問: 認識

  • 文字の認識率はどのくらいでしょうか?

    テストデータ(活字の請求書)の認識率は99.8%です。

  • 読み取るをエリアで指定する必要がありますか?

    必要ありません。AIが自動的に帳票上の文字列を読み取ります。
    また、エリアを指定して読み取らせることも可能です。

  • 文字認識は文脈を読んで行うのでしょうか?

    文脈を読むために形態素解析を行っています。
    お客様に合わせて文脈を学習させることも可能です。

  • 罫線のゆがみは対応していますか?

    対応しています。その他にも帳票自体の傾きやゆがみの補正も可能です。

  • 罫線の登録の必要はありますか?

    必要ありません。

  • 文字の泣き別れ(分離)についてはどう対処していますか?

    AIによって学習しています。またロジックで補正することも可能です。

  • 帳票上の印鑑は除去できますか?

    赤インクの印鑑であれば除去可能です。

  • 文字認識の際に文字の種類(ひらがな、アルファベット等)の指定をせずに認識ができますか?

    可能です。

  • 手書き文字の認識率を向上させる方法はありますか?

    手書き文字が認識されない場合には、まずは手順や設定の状態から解決方法がないか確認いたしますので、サポートまで一度ご相談ください。

    認識されない文字がOCRエンジンに起因する場合には、OCRエンジンの精度改善を行います。
    OCRエンジンの精度改善には2種類の方法がございます。

    1.バージョンアップのタイミングでの認識精度の改善

    サンプル帳票を教師データとしてご利用させていただき、次回バージョンアップ時に反映していきます。
    こちらは個社ごとの対応ではないため、バージョンアップ後の精度を保証するものではございません。

    2.お客様専用のご利用環境を用意し、事前学習の検証を行う

    サンプル帳票と正解データを多数ご用意いただき、お客様専用のスマートOCR環境で精度改善の検証を行っていきます。
    有償での対応となりますが、その場合も検証の結果100%の精度を保証するものとはなっておりません。